車中泊用のカーテン・サンシェードおすすめ4選!マグネットやフック、吸盤など


最近はキャンプを含めアウトドアがブームということもあり、車中泊という楽しみを覚える人が増えてきました。

そんな車中泊に必須のアイテムと言えば「カーテン」や「サンシェード」です。

普通の車だと車内にカーテンを付けることはあまりありませんが、車中泊をするのであればカーテンやサンシェードは必需品と言えます。

ということで、この記事では車中泊用におすすめのカーテンやサンシェードを全部で4つご紹介していきます。

また、車中泊に適したカーテンやサンシェードの選び方や必要性についても解説していますので、ぜひ参考にしていってください。

車中泊でのカーテン・サンシェードの必要性

まず車中泊をするときになぜカーテンやサンシェードが必要なのか?という点から見ていきましょう。

車中泊にカーテンやサンシェードが必需品と言われる理由は3つあります。

・明かりをカットする利便性
・外から中を見られなくする防犯性
・冬場における防寒性

車中泊をする場合、たとえば道の駅など明かりがある場所で寝ようとすると外の明かりが気になって寝られないといったケースがあります。

こうした外からの明かりをカットするためにカーテンやサンシェードは必要です。

また、自然豊かなキャンプ場で車中泊をするときは朝日を遮る役割も果たしてくれます。

もう少しゆっくり寝ていたいのに朝日が眩しすぎて起きてしまう、といったことを防いでくれるわけです。

そして、カーテンは防犯対策としても有効です。

仮に女性の方がキャンプ場でひとり車中泊をするとなると、やはり少し怖いものがあります。

そうしたときにカーテンがあれば車の中が分からくなるので、多少なりとも防犯効果が期待できるわけです。

また、冬場における車中泊ではカーテンが防寒グッズとしても役立ちます。

カーテンをしていることによりドアの隙間から入ってくる冷気が防げるケースもあるので、特に車中泊ビギナーの方はカーテンを常備しておいた方が良いです。

「車中泊にはカーテンやサンシェードがあった方が良い」ということが分かったと思いますが、次にその選び方について見ていきましょう。

車中泊用のカーテン・サンシェードの選び方

車中泊用のカーテンやサンシェードはサイズ・取り付け方法・機能などから選んでいきます。

サイズ

まずサイズですが、こちらは車種に合ったものを選ぶようにしてください。

車用のカーテンを探すと、だいたいどういった車種に合うものか記載されていますので、そちらをチェックすることが大事です。

たとえばハイエースなどの大型の商業車に合うサイズのカーテン、ミニバンなどに合うサイズのカーテンといったイメージです。

オーバーサイズである分にはまだなんとかなりますが、サイズが小さい・足りないとなると交換しなければいけませんのでその点だけ注意しましょう。

取り付け方法

カーテンの場合、取り付け方法が大きく分けて2つあります。

レールを車内に装着して普通のカーテンのように取り付ける方法と、マグネットやフックタイプになっているカーテンを取り付ける方法の2つです。

サンシェードの場合は車内のフロントガラス部分にそのまま置く、吸盤などで貼り付ける、車の外からフロントガラス部分に置いて紐をドアミラーに引っ掛ける、などのタイプがあります。

ちなみに取り付け方の簡単さで選ぶとサンシェードの方が楽ですが、機能面ではカーテンの方が優れているといったイメージです。

車中泊をする人の場合は併用するケースも多いので、両方を上手く使い分けることが大事と言えます。

また、カーテンレールを車内に取り付けるときは車検に引っ掛からないよう工夫することも忘れないでください。

機能

カーテンやサンシェードは、UVカットや遮光性といった機能面から選ぶことも大切です。

また、取り外し可能なタイプのカーテンやサンシェードの場合は、どれくらいコンパクトに折りたためるか?といった部分もチェックしておきましょう。

そのほか素材によって涼しさや暖かさが変わってきます。

夏場であればメッシュ生地、冬場であれば厚手の生地といった形で使い分けるのもおすすめです。

車中泊用のカーテン・サンシェードおすすめ4選

それでは車中泊用のカーテン・サンシェードとしておすすめのアイテム4選をご紹介していきます。

こちらはコンパクトカーのサイドガラスに最適のマグネット式カーテンです。

取り外しが簡単でコンパクトに収納できるところがおすすめのポイントとなっています。

また、値段が手ごろなので試しに購入するにもぴったりのアイテムです。

こちらは車のバックドアに取り付けられる遮光タイプのカーテンです。

吸盤と紐を使って取り付けられるので、面倒な設置作業が要りません。

また、2枚のカーテンが左右に開くようになっていて非常に便利です。

そのほか紫外線カット機能が付いているので夏場のアウトドアなどには最適なカーテンと言えます。

車内のピラー部分にフックを引っ掛けるだけでカーテンが取り付けられるという便利アイテムがこちらです。

ピラーにフックを掛けたらカーテンに付いているコードストッパーを装着するだけ、という簡単仕様になっています。

各ピラーにフックを掛けておけばカーテンの移動も楽々できますので、車中泊初心者の方には特におすすめです。

最後にご紹介するのはフロントガラス・フロントサイドガラス両面に使える高機能なサンシェードです。

吸盤タイプなので取り付けがとても簡単で、防寒対策・紫外線対策にもなる優れものです。

また、すべて日本で製造しているだけあって品質には絶対の自信を持っています。

アウトドア慣れしていない女性の方でも手軽に扱えるので、ぜひ試してみてください。

その他車中泊であると便利なグッズ

ここからは車中泊をするときに「あると便利なグッズ」についてご紹介していきます。

ライト

ライト

キャンプ場など自然の中で車中泊をする場合はライトがあると便利です。

車内のライトを点けているとバッテリーあがりの原因になってしまうので、一泊するならライトは必需品と言えます。

最近は車中泊用のライトが色々と販売されていますが、中でも長時間使用可能なLEDライトやオシャレな電気ランタンなどが人気です。

写真映えするライトもたくさんありますので、ぜひ自分好みのアイテムを見つけてみてください。

関連記事:車中泊に最適なライト5選!LEDランタンがおすすめ

テーブル

テーブルも車中泊をするときにあると便利なグッズのひとつです。

たとえばバックドア部分に座りながら食事をするという場合でも、傍らにちょっとしたテーブルがあるとアウトドア感が増してより良い雰囲気が楽しめます。

また、車内に直接飲み物や食べ物を置いておくと、容器を倒してしまう可能性が高いです。

テーブルがあればそういったちょっとしたミスが防げますので、ぜひ車中泊をするならテーブルも持っていってみてください。

関連記事:車中泊で活躍するテーブルおすすめ3選!収納あり・パソコン作業可など

ブランケット

車中泊をしているときに何かと重宝するのがブランケットです。

ブランケットは日中から寝る時まで使える便利グッズなので、1枚は車に積んでおきましょう。

特に冬場はブランケット1枚あるかないかで体感温度がだいぶ変わってきたりもします。

まとめ

車中泊におすすめのカーテンやサンシェードについてご紹介してきました。

カーテンやサンシェードには光を遮るだけでなく、防犯や防寒といった効果があります。

快適な車中泊を楽しむためには必需品とも言えますので、ぜひ自分の車に合ったカーテンやサンシェードを購入してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事