車中泊で活躍するテーブルおすすめ3選!収納あり・パソコン作業可など

最近はキャンプブームということもあり車中泊を始める人が増えてきています。

車中泊にハマると色々なアイテムが欲しくなってきますが、車内用のテーブルというのもそのうちのひとつです。

テーブルは車中泊で大活躍するアイテムで、必ずひとつは持っておくべきと言えます。

食事をするときはもちろんのこと、テーブルがあることによってスペースを上手く活用できたりもします。

この記事ではそんな車中泊向けのおすすめテーブル3選をご紹介していきますので、どうぞ参考にしていってください。

また、車中泊ビギナーの方のために車内用テーブルの選び方や必要性についても解説していきたいと思います。

車中泊でのテーブルの必要性

それではまず、車中泊にテーブルが必要である理由から見ていきましょう。

・食事がしやすくなる
・汚れを防止する役割がある
・料理をするときにも便利

車中泊の楽しみと言えばやはり食事です。

その食事をするときにテーブルがないと少し不便に感じることがあります。

後部座席をフラットにしたとしても、直接シートに食べ物の容器を置くと高さが合わないので食事がしづらいわけです。

また、テーブル無しで食事をしていると容器に付いている食べ物のソースや汁気がシートに付着してしまいます。

こうしたことを繰り返していくとシートがどんどん汚れてしまうので結果として損をします。
(車を下取りに出すときの査定額がやはり落ちてしまう)

さらに、車内で料理をするというキャンパーもいると思いますが、このときテーブルがないと危険です。

シートの上で直接火器を使うと焦げ付くことがあるので、かならずテーブルの上でおこなうようにしましょう。

ちなみにアウトドア用の小型コンロや折り畳み式バーナーを使ってちょっとお湯を沸かしたいときにも、テーブルがあった方が安定するので安全です。

このように車中泊ではテーブルがマストアイテムとなっていますので、ぜひ覚えておいてください。

車中泊用のテーブルの選び方

それでは次に車中泊用のテーブルの選び方を解説していきたいと思います。

車内で使うテーブルはサイズ・機能性・置き方などから選んでいきます。

サイズ

車中泊用のテーブルは、車内の広さから逆算して適切なサイズのものを選びましょう。

当然のことですが、ハイエースのような大型商業車とミニバンでは置けるサイズが変わってきます。

また、テーブルの高さというのも重要なポイントです。

フルフラットシートの上に置いて使うときは、座ったときの高さを計算しながら選んでいきます。

ちなみに高さ調整できるテーブルもたくさん販売されていますので、そういったアイテムもぜひチェックしてみてください。

機能性

最近の車中泊用テーブルには、実に多機能なものが揃っています。

なお、機能面で特に重視したい部分は「収納性」「耐熱性」です。

車中泊用のテーブルはとにかく邪魔にならないことが大切で、使っていないときはコンパクトに収納できるものがベストです。

また、先ほども少し触れましたが、料理をする人の場合は耐熱性に優れているテーブルを選ぶようにしましょう。

キャンプ用の小型ガスコンロやバーナー、グリルは小さくてもかなりの熱を発します。

耐熱性のあるテーブルでないと焦げたり、素材が溶けたりしてしまうので、この点は気を付けるようにしてください。

あとはどれくらいの重さまで耐えられるのか?というのもチェックしておくべきポイントです。

車中泊をするときはテーブルにカップ麺くらいしか置かないという人なら何でも構いませんが、ある程度ものを置くという方は「耐重性」も確認しておきましょう。

置き方・取り付け方

置き方や取り付け方によっても選ぶテーブルは変わってきます。

テーブルというとそのままシートの上に置くタイプのものが一般的ですが、最近は後部座席やハンドルに取り付けられるタイプのテーブルも多く販売されています。

ちょっとした食事は運転席で済ませ、後部座席のスペースは広々と確保しておきたいといった方はハンドルに取り付けられるようなテーブルを選ぶのもアリです。

車中泊で活躍するテーブルおすすめ3選

ここからは実際に車中泊で活躍すること間違いなしのおすすめテーブル3選をご紹介していきます。

こちらはハンドルと座席後ろ側の両方に取り付けられる高機能な折り畳み式テーブルです。

15.6インチのパソコンが置ける大きさとなっていて、さらにタブレット置きやスマホホルダー機能も付いています。

車中泊に出掛けているときもパソコンで仕事のチェックをしなければいけない方、また夜はタブレットやスマホで動画などを楽しみたい方には最適な1台です。

しかもテーブルの高さが自由に変えられ、マウス置きのスペースはドリンクホルダーとしても使えます。

もちろんコンパクトに収納することが出来ますので、使わないときでも邪魔になりません。

旅行先でブログの更新をしたい方、動画の編集をしたい方にもぴったりだと思います。

こちらは座席の後ろ部分に掛けるだけで使える折り畳み式テーブルです。

小物入れやシートカバーが付いているのでかなり便利な1台となっています。

特にお子さんがいる方にとっては非常に重宝するテーブルだと思いますので、ぜひ一度チェックしてみてください。

これひとつあるだけで、テーブル・小物入れ・ドリンクホルダー・スマホホルダーなど何役にもなる優れものです。

しかも値段が安くすぐに手を出しやすいところがおすすめのポイントとなっています。

最後にご紹介するのはドリンクホルダー部分に差し込むだけで使える丸形テーブルです。

高さの調節が可能で360度グルっと回転する仕様になっているところが特徴的な部分です。

軽食や小物などを置くには最適なテーブルで、常にセットしておきたくなる1台と言えます。

また、スマホスタンドにもなりますのでナビや動画を見るときに便利で、車中泊をするときは後部座席のドリンクホルダーに差し込んで使うのもおすすめです。

その他車中泊であると便利なグッズ

ここからはテーブル以外の「あると便利な車中泊グッズ」についてご紹介していきます。

ライト

ライトは車中泊をするときの必需品です。

車内のライトをずっと点けているとバッテリーが上がってしまう可能性がありますので、必ずひとつはライトを持っていくようにしましょう。

最近は長時間使用可能なライトやオシャレなライトがたくさんあります。

また、キャンプ場で車中泊をする場合は、夜にトイレへ行くときにもライトがあると安心です。

なお、ライトを選ぶときは車内の取っ手に引っ掛けられるタイプのライトや角度調節が可能なライトなど、機能面で選ぶことも大切なので覚えておきましょう。

関連記事:車中泊に最適なライト5選!LEDランタンがおすすめ

カーテン

車中泊をするときにはカーテンも必要になってきます。

カーテンがあると外から中を覗かれる心配がないので、防犯対策のひとつにもなります。

また、冬場であれば防寒効果もあるので、車中泊をするならカーテンをひとつ用意しておいてください。

ちなみに最近はマグネット式やフック式のカーテンが多く販売されているので、取り付けに手間取ることがありません。

関連記事:車中泊用のカーテン・サンシェードおすすめ4選!マグネットやフック、吸盤など

まとめ

車中泊を楽しむ方のためにおすすめのテーブル3選をご紹介してきました。

ご覧いただいたテーブルはどれもお手頃価格なので、試しに購入するにもぴったりです。

車内で使うテーブルには様々なタイプがありますので、ぜひ自分のアウトドアスタイルに合わせて最適なものを選んでください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事