寝袋

車中泊をするときに必要なアイテムのひとつが「寝袋」です。

寝袋があると車内でも身体を痛めずに寝ることができます。

しかし、寝袋には色々な種類がありますので、まったく知識がない状態で適当に買うのはあまり良くありません。

そこで、この記事では車中泊におすすめの寝袋5選や、自分に合った寝袋の選び方についてご紹介していきます。

「寝袋には夏用や冬用といった種類がある」といった基本的な知識も身につきますので、これから車中泊を始めるという方はぜひ参考にしていってください。

車中泊で使う寝袋の選び方

車中泊用に寝袋を購入するのであれば、まずはその選び方から学んでいきましょう。

寝袋は「形」「素材」「限界温度・最適温度」などの違いから、使うのに適切な季節が決まっています。

こうしたことを知らないと「夏なのに冬用の寝袋を買ってしまって寝苦しい…」「冬なのに薄手の寝袋を買ってしまい寒くて寝られない…」といったことが起きてしまいますので要注意です。

ということで、それぞれどういったタイプの寝袋があるのか見ていきましょう。

 形

寝袋の形には大きく分けて「封筒型」と「マミー型」の2種類があります。

封筒型というのは普通の布団のような形をしている寝袋です。

「敷布団と掛け布団がジッパーで繋がっているもの」といった感覚なので、寝袋の中で体勢を多少変えることが出来ます。

対してマミー型というのは身体全体をすっぽりと覆うような形をしています。

マミー型は封筒型の寝袋より密着度が高いので、その分保温性に優れているところが特徴的な部分です。

また、マミー型の寝袋は折り畳んだときにコンパクトなサイズになってくれるので、無駄なスペースを取らないといった利点もあります。

シンプルに考えると夏の車中泊なら薄手の封筒型、冬の車中泊なら厚手のマミー型といった選び方でOKですが、最近は封筒型でも真冬に対応した寝袋が販売されていますので、そちらもおすすめです。

素材

次に素材から選ぶ方法を見ていきましょう。

寝袋の中綿によく使われているのは「化繊(ポリエステルなど)」と「ダウン(羽毛)」の2つです。

化繊はダウンよりも安く、さらに水濡れに強いといった特徴を持っています。

対してダウンですが、こちらは価格が高いもののその分フワフワとした触り心地が魅力的で、化繊より軽量であるところが特徴となっています。

一般的なキャンパーからはダウンを使った軽量タイプの寝袋が人気ですが、重さをあまり気にしない車中泊であれば化繊を使った寝袋を選んでも特に問題がありません。

なお、寝袋の表面の素材にはナイロンが使われていることが一般的ですが、中には裏地にコットンやフリース素材が使われているものもあります。

また、最近では取り外し可能なインナーを搭載している寝袋もありますので、このあたりは使用する季節を考えながら選んでみてください。

限界温度・快適温度

寝袋には「限界温度」と「快適温度」という使用に適した基準の温度が記載されています。

限界温度とはその寝袋だけで寝られる最低限の温度です。

ただし、外の気温がいつも限界温度ぴったりとは限りませんので、使用するときはだいたい+5℃くらいを目安にします。

仮に限界温度がマイナス5℃であれば、なるべく気温0℃までの環境で使うといったイメージです。

なお、快適温度は「その温度であれば特に問題なく使用できる」ということを表しています。

夏用に買うのであればこちらの快適温度をチェックしておけば問題が起きません。

ただし、冬場の車中泊に使う場合はしっかりと限界温度を確かめておきましょう。

最近はアウトドアブームということもあり、色々な方が気軽にテント泊や車中泊をおこなっていますが、冬場の寝袋選びを間違えると低体温症などのリスクが上がってしまいます。

そのため、冬用の寝袋は限界温度がとにかく低いもの、氷点下でも使用可能なものを選ぶようにしましょう。
(冬用であれば「-10℃~-30℃」くらいに対応した寝袋がおすすめ)

車中泊におすすめの寝袋5選

続いては実際に販売されている商品の中から、車中泊におすすめの寝袋5選をご紹介していきます。

これから車中泊を始める方はぜひチェックしていってください。

オールシーズン

こちらはオールシーズン利用可能という超便利な寝袋です。

形は封筒型で、中綿に化繊・表面生地に防水ポリエステルが使われています。

ちなみにこちらの寝袋の特徴は「使用限界温度が-30℃」という部分です。

真冬の寒さにも耐えられながら、夏場はファスナーを開けることで寝苦しくなく使えるようになっています。

まさにどの季節でも使える寝袋なので、ぜひ購入候補のひとつに入れておいてください。

また、価格が5,000円程度というのも非常に魅力的です。

夏用

こちらは軽量コンパクトな夏用寝袋です。

封筒型でサラッとした使い心地が特徴のひとつとなっています。

なお、限界温度は6℃で快適温度は12℃です。

夏場のキャンプなどにぴったりな寝袋なので、夏用の寝袋を探している方はぜひこちらを選んでみてください。

値段も3,000円程度とかなりリーズナブルです。

3WAY

こちらは寝袋・掛け布団・クッションという3つの使い方ができるマルチなアイテムです。

カジュアルな見た目でデザイン性にも優れています。

真冬以外のシーズンであれば寝袋として使用可能なので、春から秋にかけて車中泊やキャンプを楽しむ方におすすめです。

また、普段は自宅でクッションとして使うこともできてお得な商品となっています。

コールマン

アウトドアブランドとして有名なコールマンからは、フリース素材の夏用寝袋をご紹介します。

夏場であればそのまま寝袋として使え、冬場には寝袋のインナーにするといった使い方も出来ます。

また、封筒型の寝袋なのですが、開けば1枚の毛布として使うことも可能です。

快適温度は10℃で、春や秋ならブランケットの代わりにもなるアイテムです。

ひとつ持っておくと色々なシーンに使えて便利なので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

モザンビーク

裏地にフランネル素材を使っているため、まるで普通の布団のような寝心地を感じられるところがこちらの寝袋の特徴です。

また、縦の幅が190センチありますので、どんな方もすっぽりと収まるサイズとなっています。

快適温度10度、限界温度5℃ということで、使える季節は春から秋といった形です。

ちなみにこちらの商品は2つを連結させて使うことも出来ますので、ファミリーキャンプなどには特にぴったりです。

広々と空間を使いたいときにもおすすめの寝袋となっています。

秋・冬の車中泊で寝袋を使わずに寝るには?

秋冬の車中泊で寝袋を使わずに寝る場合は、代わりに毛布や布団を家から持っていくことになります。

また、キャンプ用のマットを使うことも効果的です。

マットの上に普通の布団をセットすれば、床からくる冷気にも対応できます。

寝袋を使わないで寝るのなら、とにかく厚着をするのも有効な手段なので、秋・冬に初めて車中泊をする場合は余分に服を持っていくようにしましょう。

関連記事:車中泊マットおすすめ5選!折りたたみ式が人気

まとめ

車中泊におすすめの寝袋5選や寝袋の選び方について説明してきました。

基本的にはご紹介したようなオールシーズン対応の寝袋を買っておけば間違いありません。

ただ、夏場だけキャンプや車中泊をするといった場合には、夏用のサラッとした寝袋を選んでみてください。

ご覧いただいたフリース素材の寝袋などは、丸洗いが可能なので手入れも楽です。

こうした手入れが楽という部分も寝袋を選ぶときに重要なポイントなので、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事