近年、サーファーの間で注目を集めている「ソフトボード」。ソフトボードは初心者にも扱いやすく、どんな波でも楽しめることから世界中でその需要を高めています。ここでは、そんなソフトボードに関する「選び方」や「おすすめのブランド」をご紹介していますので、ぜひ興味があるという方はご覧になっていってください。

また、初心者で「ソフトボードって何?」という方にも分かりやすくその特徴をまとめていますので、そちらも参考にしてもらえればと思います。

ソフトボードが世界中で人気

サーフボードというのはいろいろな環境に合わせて進化を遂げてきているものですから、その種類というのは実に多種多様です。そんな中、最近世界でも流行っているがこの記事でご紹介している「ソフトボード」です。

最初に「ソフトボードって何?」という方のために簡単に説明をおきますと、ソフトボードというのは従来のサーフボードに柔らかなスポンジ素材を加えたものや、そもそもクッション性のある素材で作られたサーフボードのことを指します。

そのため、ぶつかっても危なくないというメリット、そして浮力が増すため初心者でも安定したテイクオフが出来るというところが魅力的なポイントとされています。サーフィンスクールでは初心者用にこのソフトボードを提供していたりもしますので、見かける機会も多いサーフボードです。

ちなみにだからといってソフトボードは初心者のためのものというわけではありません。もちろんサーフィン上級者でもソフトボードを使っている人はたくさんいます。というのも、ソフトボードはどんな波でも比較的容易にキャッチできるため場所を選ばずにサーフィンが楽しめるからです。日本のような小波が多い地域では特に使いやすいタイプのサーフボードといえるでしょう。

ソフトボードの選び方

一口にソフトボードといってもその種類は非常に多く、選ぶ際にはいくつかのポイントを抑えておかなければなりません。そこで、ソフトボード選びに重要なポイントを3点ご紹介しておきます。ぜひ、ソフトボードに興味があるという方は参考にしてみてください。

サイズ

まず、ソフトボードにも従来のサーフボード同様にショートとロングという大まかなサイズによる分類があります。さらにソフトボードの場合はショート・ロングの中でも細かなサイズ設定がありますので、自分にあったサイズのボードを選ぶというのは非常に重要なことです。

価格

ソフトボードはサイズや素材によって価格がまちまちです。安ければだいたい1万円台から買うことが出来ますが、高ければ5~10万円ほどします。なお、ソフトボードを単純に練習用として使うのであれば安いものを選べばいいのですが、ファンサーフィン用にちゃんとした1本を選ぶのであれば高級なソフトボードをおすすめしたいところです。

ブランド

ソフトボードにも従来のサーフボードと同じようにブランドというものがあります。中には世界的にも有名なサーファー・ミックファニングが手がけるブランドや、サーフィンの本場のひとつであるオーストラリアで大流行しているブランドもありますので、ソフトボードをブランドで選ぶというのもひとつの手です。

次におすすめのソフトボードブランドというものをご紹介していきたいと思います。数あるソフトボードブランドの中から厳選したブランド5つとなりますので、ぜひ参考までにチェックしてみてください。

ソフトボードのおすすめブランド5選

今回ご紹介するおすすめのソフトボードブランドというのは下記の5つです。

・CATCH SURF
・SOFTECH
・MICK FANNING SOFT BOARD
・DRAG SOFTBOARDS
・ROXY

それぞれに特徴や魅力的な部分がありますので、さっそくその違いをご覧いただきましょう。

CATCH SURF

カリフォルニア発のソフトボードブランドとして、現在世界でも大流行中のボードを数多く手がけるのがこちらの「CATCH SURF」です。個性的なデザインのものが多く、サーフボードにオシャレさを求める方にもおすすめのブランドといえます。

特に「2018 BEATER PRO MODEL 10TH」などのBEATERシリーズは上級者にも人気のあるソフトボードで、4.6フィートのモデルはショートタイプのものの中でもかなり短く、アクロバティックなライディングを可能とさせた1本です。

SOFTECH

こちらの「SOFTECH」はオーストラリア発祥のソフトボードブランドです。ビギナーから上級者までの間に3つのカテゴリーを設定していて、自分に合うソフトボードを選びやすいところが特徴的でもあります。

また、フィンの取り付けが簡単なタイプのボードもあり、持ち運びが簡単におこなえるというのも魅力的な部分といえるでしょう。中には「STORM BLADE 58in MINI SURFBOARD」といった高級素材を使って作られているソフトボードもあり、こだわりを持って使い続けたい方にもおすすめのブランドです。

MICK FANNING SOFT BOARD

世界的にも有名なプロサーファー・ミックファニングが手がけるブランドがこちらです。最新のテクノロジーを駆使したソフトボードはどれもハイスペックで、小さな波からビッグウェーブまで、さまざまな環境に合わせたボードを取り扱っています。

また、自分自身の経験から「THE BEASTIE」といった従来のサーフボードに近いタイプのソフトボードも開発していますので、普通のサーフィンをするための練習用としてソフトボードを活用する際にもおすすめのブランドです。

DRAG SOFTBOARDS

これまでのソフトボードの概念を変えたともいわれるのが、こちらオーストラリア発のブランド「DRAG」です。アンダーグラウンドカルチャーをミックスさせたデザインが特徴的で、従来のソフトボード=重たい練習用ボードという考えを一新させたブランドともいえます。

また、個性的なライダーたちが参加しているというのも同ブランドの魅力といえ、そのレトロなマインドとサーフスタイルは世界中の若者を虜にしています。オシャレさという面でも抜群のカッコよさを見せているブランドなので、まずはボードの外見から選びたいという人には特におすすめです。

ROXY

日本ではサーフファッションブランドや女性の水着ブランドとしても有名な「ROXY」ですが、実はソフトボードも多数手がけています。特に女性用のファンボードが多く、これからサーフィンを始めようと考えている女性にはおすすめのブランドといえるでしょう。

ちなみに、現在販売されているボードの中では「CRAZY VICTORIA BREAK 7'0」などがサイズ感もあり、ボードの先が丸まっているため安定したライディングができて乗りやすいタイプです。ぜひ参考までにチェックしてみてください。

ソフトボード でサーフィンを楽しもう

ここまで、世界中で人気を高めてきているソフトボードについてご紹介してきました。ソフトボードが練習のためだけのボードというのは昔の考え方で、最近ではソフトボードをメインに楽しむ方も増えてきています。従来のサーフボードに加えてソフトボードを1本持っておくと、どんな波でもサーフィンが楽しみやすくなりますので、ぜひあなたも新しくソフトボードを購入してみてはいかがでしょうか。

その他ソフトボードに関する記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事