きれいな海に美味しい海鮮、そして温泉もある人気観光地の【伊豆】はサーフポイントも多数存在する。本記事では伊豆のサーフポイントを伊東・東伊豆・下田などエリア別に紹介。またサーフィン初心者におすすめのポイントについても。

伊豆の【伊東エリア】のサーフポイント

宇佐美海岸

伊豆の東の玄関口、伊東エリアのサーフポイント「宇佐美」。漁港付近のBポイントと海水浴場にもなる海岸のビーチポイントがある。ビーチポイントは初心者でも楽しめるが海岸の中央付近はローカルエリアなので注意が必要。東うねりが大島に遮られないため、伊豆エリア南部よりも反応することが多く、パワフルなブレイクになることもしばしば。

タイプ:ビーチ・一部リーフ

レベル:初級〜中級

駐車場:あり

シャワー:-

宇佐美のサーフポイントに関する詳しい記事はこちら

伊豆の【東伊豆エリア】サーフポイント

今井浜海岸

東伊豆エリアのサーフポイントは「熱川」と「今井浜」。

熱川

ビーチブレイクで初心者でも楽しめるポイントだが夏の海水浴シーズンはサーフィンが禁止。

タイプ:ビーチ

レベル:初級〜中級

駐車場:あり

シャワー:あり

今井浜

メインは正面から少し南側にある岩礁帯からブレイクするレフトで波のサイズが上がると、アウトサイドの岩棚からブレイクするレギュラーもある。サイズがあるときは強いカレントとポイントブレイクになるのでローカリズムを守り入水したほうがいい。地形は遠浅だが、所々にリーフがあるため注意が必要。

タイプ:ビーチ・リーフ

レベル:中級〜上級者向け

駐車場:あり

シャワー:あり

伊豆の【下田エリア】のサーフポイント 

多々戸浜

伊豆で最もサーフィンが盛んでポイントも多いエリアです。主なポイントは「白浜」「多々戸浜」「入田浜」「大浜」。

白浜

東向きのビーチで、東ウネリが敏感に入りやすくて西風がオフショア。風が北東から西に変わったタイミングで入ると良い波に出会いやすい。ビーチの右側が岩切、正面が「中央」、左側が「神社前」ポイントで、両サイドが岩場になっているため、ウネリが入ってくると「岩切」はレギュラーの波、「神社前」はグーフィーのパワフルな波になります。中央はビーチブレイクなので、地形が決まればいい波が立ち、ポイントによって波質も変わるため色々な楽しみ方ができる。更衣室や有料の温水シャワーも整備されている。

タイプ:ビーチ

レベル:初級〜中級

駐車場:あり

シャワー:あり

白浜のサーフポイントに関する詳しい記事はこちら

多々戸浜

南南西向きでビーチブレイクのポイントで南うねりに反応する。キャパは狭いが遠浅で波の質は高い。伊豆のサーフポイントの中でもうねりが入りやすくコンスタントに波があり、このエリアで唯一東風の影響を受けない。

タイプ:ビーチ

レベル:初級〜中級

駐車場:あり

シャワー:あり

多々戸浜のサーフポイントに関する詳しい記事はこちら

入田浜

ビーチの向きは南東で南うねりに反応するポイント。正面に岩があり、その岩の左側が「メイン」、右側が「右奥」。右奥よりもメインポイントのほうが波にパワーがあり、右奥はパワーが落ちるので初心者向け。

タイプ:ビーチ

レベル:初級〜中級

駐車場:あり

シャワー:あり

入田浜のサーフポイントに関する詳しい記事はこちら

大浜

入田浜と同様にビーチの向きは南東で南うねりに反応するポイント。水深が深めでうねりの向きによってはダンパーの波が多くなるが、切れた良い波に巡り会えることも多く、サイズが上がり地形が決まるとチューブになる。

タイプ:ビーチ

レベル:中級〜上級

駐車場:あり

シャワー:あり

伊豆で初心者向けのサーフポイントは?

伊豆のサーフポイントで初心者でも入りやすいおすすめは下田エリアの多々戸浜。1年を通じてコンスタントに波があり遠浅で、駐車場やシャワーもあって初心者でもサーフィンがしやすいポイント。

同じ下田エリアでも白浜や大浜は潮の流れが速いポイントで注意が必要だが、多々戸浜は湾になっているので安全性も高い。注意するべきは多々戸浜のローカルルールで浜から見て右側がショートボード・左側がロングボードと決まっている。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事