【空撮映像】サーフィンで知っておきたい離岸流(カレント)の見分け方&対処法!

離岸流

離岸流(カレント)は波のサイズがあるときにパドルで沖へ出るときには便利ですが、時にトラブルや事故につながる海の危険の一つです。

今回はサーフィンで知っておきたい離岸流の見分け方・対処法を解説します。ドローンで撮影した空撮映像も…

 

離岸流とは?

沖から岸に押し寄せた波は再び沖へ戻ろうとしますが、このときの沖へ戻ろうとするときの強い流れを離岸流(カレント)といいます。速さは最大2m/sで1秒間に2m進み、長さは10〜100メートル、幅は10〜30メートルです。

離岸流の発生は地形が影響し、一度発生した場所で1ヶ月近く発生し続けることもあれば数時間で場所が変わることもあります。

 

離岸流は危険?

離岸流に乗ると沖に出るのがスムーズで波のサイズがあるときのサーフィンであえて離岸流に乗るサーファーも多くいますが、一方で離岸流に流されて溺れるという事故は後を絶ちません。

危険なのは離岸流に乗っていることに気づかず流されてからパニックを起こすことです。離岸流の特性を知らず海岸に戻ろと必死になっても戻るのは困難でさらにパニックに陥ってしまいます。

 

離岸流が発生しやすい場所は?

・遠浅で外洋に面している海岸

・海岸が長く続く場所

・堤防など近くに人工物がある場所

 

離岸流の見分け方

特に波のサイズがあるときなど海に入る前にある程度、離岸流が発生しているところを見極めたり発生しそうな場所を把握しておいたりすることが大切です。見分け方のポイントは以下の通りです。

・海岸のゴミや浮遊物が沖に溜まっている

・波の形が周りの場所と違う

・水深が深い

沖に海岸のゴミや浮遊物が溜まっている場所はそこまで離岸流が発生している場合があり、周りの波が崩れているところで白波が立っていない場所も可能性があります。また水深が深いところは発生しやすくなります。

 

離岸流の対処法

離岸流に乗って流されたときの対処法として、まずもっとも大切なのは「慌てない」ことです。慌てず平行に移動します。離岸流の幅は10〜30メートルでそこから抜け出せば海岸に戻るのが容易になります。間違っても流れに逆らうように海岸に向かってはいけません。

離岸流の【空撮映像】

離岸流の様子をドローンで撮影した貴重な映像がこちら↓ 映像では明らかに流れが発生しているのがわかります。

 

その他 海の危険・トラブルに関する記事

About 波乗り修行僧K 42 Articles
サーフィンに魅了されて海近へ移住、サーフィン歴は5年でチューブの波に乗ることを夢見て日々修行中。