• サーフィン ライフスタイル
    【2020年東京オリンピック】サーフィンの会場・日程・選手の選考基準を完全解説!注目選手も!
    2018年10月18日
  • サーフィン ライフスタイル
    サーフィンの保険入ってる?必要性や種類・特徴を解説!おすすめも!
    2019年1月2日
  • サーフィン テクニック
    サーフィンでバタ足は逆効果…?トッププロがバタ足をする理由とは?
    2018年11月11日
  • サーファー ライフスタイル
    【ロブマチャド】ケリースレーターとの伝説【動画】&名言!
    2019年1月20日
  • 腕時計 サーフアイテム
    サーフィンの腕時計おすすめ10選!メンズ・レディース別!高性能も!
    2018年11月8日
  • サーフ ライフスタイル
    サーフミュージック人気おすすめ10選!【邦楽・洋楽別】試聴あり!
    2018年11月24日
  • サーファー ニュース
    【2018年】五十嵐カノアのCT全11戦!厳選動画も!
    2018年12月22日
  • 掘れた波 テクニック
    掘れた波は難しい…テイクオフのコツやサーフボードの選び方を伝授!
    2018年8月21日
サーフィンの帽子おすすめ11選!【メンズ・レディース別】必要な理由や選び方も!

サーフィンの時に帽子を被っていますか?サーフィン中に帽子を被るのはただ単におしゃれなだけではなく、他にも理由があります。今回はサーフィンで帽子が必要な理由や、選び方、メンズ・レディース別のおすすめを紹介します。

サーフィン用の帽子がある?

サーフィン中に被る帽子は主に「サーフハット」「サーフキャップ」といわれ、販売されています。防水の機能や風で飛ばされないないようひも付きといった特徴があります。メーカーによっていろいろなタイプのサーフハット・キャップが販売されています。

サーフィンで帽子が必要な理由4つ

日焼け対策

紫外線を遮ることができない海でのサーフィンは日焼け対策が重要です。紫外線には肌だけではなく、髪もダメージを受けてしまいます。帽子ははUVカット機能に優れているので、頭部・頭皮はもちろん、耳や首周りも保護することができます。

紫外線に関する記事はこちら↓

 

怪我予防

サーフィンに怪我は付きものです。自分のボードが体に当たったり他人との接触したりなど、もし頭にサーフボードが当たった時に帽子を被っていればクッションの役割があります。

もちろんヘルメットとは違って完全防備ではありませんが、帽子を被っているのといないのでは違いがあります。

サーフィンの怪我に関する記事はこちら

 

目の疲労軽減

強い日差しによって目が焼けてしまうと、瞼裂斑(けいれつはん)や翼状片(よくじょうへん)といった目の病気の原因になります。海面からの照り返しを避けることはできませんが、帽子を被ることで直射日光による目のダメージを軽減することができます。

 

波が見やすくなる

乱反射や直射日光の眩しさで波が見えずらいという経験はありませんか?サーフィンにおいて波選びは重要ですが、帽子を被ることでより波が見やすくなります。

 

サーフィンの帽子の選び方

まずは「ハット」にするのか「キャップ」にするのかを決めて、帽子が落ちないようにひもやストラップが工夫されているもの、水に濡れても視界を遮らないようにつばの形をキープできる防水機能があるものを選びましょう。また、紛失防止のために、水に浮きやすいナイロン素材で作られているものであれば、失くしても浮くので見つけやすいです。

もし、自分のお気に入りの帽子があるのであれば、決してサーフ専用でないといけないということはありません。あご紐を自分で付けることもできます。しかし、吸水しやすいウール素材などはサーフィンで被る帽子には向きません。

サーフィンの帽子おすすめ【メンズ】

【TAVARUA(タバルア)】

サーフハット

サーフキャップ

「タバルア島」がブランドコンセプトです。「サーフィンを愛する人達に受け入れてもらいたい」という思いを貫いており、大量生産ではなく、細かいディティールや素材機能にこだわっているブランドです。

UVカット効果の高いつば広で、サイドがメッシュ素材でできていて通気性が良く、機能性抜群の定番スタイルです。比較的サイズが大きめなので、ゆったりと被ることができます。

 

【Patagonia(パタゴニア)サーフブリム】

サーフハット

画像出典:パタゴニア 公式オンラインショップ

パタゴニア社は環境問題にも積極的に取り組んでおり、地球環境にも人にも優しい製品を生み出しています。デザイン性も高く男女問わず人気のアメリカのアウトドアブランドです。

特に人気があるサーフブリムは、ソフトで速乾性があり、特にUPF(紫外線防止指数)50+と機能面が優れています。つばの裏側には濃い色を使用することで、照り返しを軽減してくれます。

 

【BILLABONG(ビラボン)】

サーフハット

サーフキャップ

オーストラリアのゴールドコーストで生まれた有名なサーフブランドです。シンプルなデザインがクールで男性からの支持が高いです。軽量で速乾性が高く、使い心地が良いのも特徴です。レディースのラインナップも充実していますが、男女兼用で使えるサイズレス仕様になっています。

 

【RUSTY(ラスティ)】

アメリカ・カリフォルニア州で誕生したサーフブランドです。グラデーションカラーを施したデザインで、ファッション性が高いです。サイドにメッシュ素材を用いることで通気性に優れており、ストラップがフェイスラインにフィットする仕様で紛失防止にも役立ちます。

サーフィンの帽子おすすめ【レディース】

【O`NEILL(オニール)】

アメリカのサンタクルーズで生まれた世界で最も歴史のあるアクティブスポーツ&ライフスタイルブランドです。オニールならではの総柄などの独特なデザインは、幅広い年齢からの支持があります。

通気性や速乾性など機能面も優れており、首元のストラップ調整ができフィットするので風のある日にも安心して着用できます。

 

【ROXY(ロキシー)】

アメリカ・カリフォルニアで誕生したブランドで、ビーチカルチャーとアクティブライフスタイルを愛する女性のために作られました。ボタニカル柄などファッション性の高いポップなデザインが魅力のひとつです。

ハットタイプとキャップタイプとともに収納ポーチの部分がネックガードになっているので見逃しがちな首の後ろの日焼け防止できます。UVカットの効果はもちろん、吸汗速乾性もあり機能性も抜群のオシャレアイテムです。

 

【BENETTON(ベネトン)】

イタリアのカジュアル衣料品ブランドです。シンプルなデザインからカラフルなデザインまで特徴的なデザインで年齢問わず人気が高いです。帽子の中にポケットがあり裏返すとコンパクトになる折りたたみのタイプは持ち運びに便利でつばが広いので首周りの日焼け対策にも最適です。

 

【FELLOW(フェロー)】

デザインの可愛さだけでなく機能性抜群のアイテムで、洗濯をしても機能性を維持できます。遮熱性に優れ、速乾性も高いです。ストラップの調整もでき、取り外しもできるタイプもあるので海だけでなく夏フェスや普段使いも可能です。

こちらの記事もおすすめ!

関連キーワード
サーフアイテムの関連記事
  • ビーチタオル
    ビーチタオルおすすめ9選!おしゃれ〜話題のブランドまで多数!
  • ミックファニングソフトボード
    ミックファニングソフトボード特集!ミック一押し〜2019年最新モデルまで!
  • マイクロファイバータオル
    マイクロファイバータオルの人気商品7選!メリット・デメリットも!
  • ウェットスーツハンガー
    ウェットスーツハンガーおすすめ3選!代用&ペットボトルでの自作方法も!
  • 日焼け止め
    サーフィンの日焼け止めおすすめ7選!スティック・オーガニック・リップなど!
  • ハワイの日焼け止め規制はいつから?禁止成分や使えるのは?持ち込みはOK?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事