• 腕時計 サーフアイテム
    サーフィンの腕時計おすすめ10選!メンズ・レディース別!高性能も!
    2018年11月8日
  • サーファー ニュース
    【2018年】五十嵐カノアのCT全11戦!厳選動画も!
    2018年12月22日
  • サーフ ライフスタイル
    サーフミュージック人気おすすめ10選!【邦楽・洋楽別】試聴あり!
    2018年11月24日
  • サーファー ライフスタイル
    【ロブマチャド】ケリースレーターとの伝説【動画】&名言!
    2019年1月20日
  • サーフィン ライフスタイル
    サーフィンの保険入ってる?必要性や種類・特徴を解説!おすすめも!
    2019年1月2日
  • サーフィン テクニック
    サーフィンでバタ足は逆効果…?トッププロがバタ足をする理由とは?
    2018年11月11日
  • 掘れた波 テクニック
    掘れた波は難しい…テイクオフのコツやサーフボードの選び方を伝授!
    2018年8月21日
  • サーフィン ライフスタイル
    【2020年東京オリンピック】サーフィンの会場・日程・選手の選考基準を完全解説!注目選手も!
    2018年10月18日
サーフィンは髪が痛む…対策&ケア方法を解説!サーフィン女子必見!

サーフィンをしているとどうしても気になるのが「髪の毛へのダメージ」ですが、あなたは何かケアや対策をおこなっていますか?若いからといって何も対策をせず、そのままにしておくと女性でも年齢を重ねてから薄毛などに悩まされる原因となってしまいますので、ぜひとも充分な手入れやケアをおこなってもらいたいものです。

ここでは、そんなサーファーにとって重要なヘアケアについて、いろいろな方法やおすすめのシャンプー&リンスをご紹介していきます。ぜひ、この記事の情報を参考にしながら、あなたのサーフィンライフで役立ててみてください。

サーフィンは髪が痛む…

サーフィンをしているといろいろな要素によって髪の毛にダメージが蓄積されていきます。たとえば「海水」ですが、海水というのは強いアルカリ性で、髪の毛を構成する物質であるケラチンを溶かしてしまう働きがあります。そのため、海水で濡れたままの髪の毛は常にケラチンへのダメージを受けている状態ということになりますので、どんどんキューティクルコーディングが剥がれていってしまうわけです。

また、そのコーティングが剥がれた髪の毛にビーチの強い陽射しはさらに大敵。海水で弱った髪の毛というのは、紫外線の力を受け流すためのメラニン色素も不足がちになっていて、太陽からの攻撃を直接受けることになってしまいます。そのため、結果として髪の毛が全体的にパサパサになってしまい、ダメージヘアーが完成してしまうわけです。

さらに、そうした海水と紫外線は頭皮にとってもあまり良くはありません。髪の毛を生やすための毛根自体が損傷すると、薄毛の原因となり、若い年齢でも部分的に髪の毛が生えにくくなってしまったりもします。やはりサーファーにとってはこうした不安要素から自分の髪の毛を守らなければいけません。そこで必要となってくるのが予防やアフターケアとなるわけですが、次にどんな対策やケア方法があるのかをご紹介していきたいと思います。

サーフィンで髪を痛めないための対策&ケア方法

サーフィンで髪の毛を痛めないための対策としては、やはりまずダメージを「予防」する必要があります。これはサンプロテクトオイルなど、髪の毛用の日焼け止めなどを塗るのが代表的で、おすすめは海水などに流れても地球に優しい自然成分で出来たもの。

また、サーフィンキャップやサーフィンハットといった帽子を被ることで、紫外線からのダメージを減らすという方法もあります。こちらは自分のサーフィンのスタイルと照らし合わせながら利用すればいいのですが、ショートカットなどの女性であれば恥ずかしがらずに髪の毛をまとめてキャップの中に入れてしまうというのも効果的です。

ロングヘアーでなかなかキャップに髪の毛が収まりきらないという方の場合は、やはり髪の毛用の日焼け止めは必須ですので、ぜひサーフィン前に予防するようにしましょう。サーフィンをし終わった後のアフターケアですが、シャワーなどの施設があるポイントであれば髪の毛は真水でしっかり2度洗いするようにしてください。

まず海水で濡れた髪の毛を充分に洗い流し、その後にシャンプーとリンスでケアをすることがダメージヘアー対策の第一歩です。シャワーがないサーフポイントでプレーをしている方であれば、なるべく携帯用のシャワーヘッドとタンクを常備し、海水を洗い流すだけでも髪へのダメージが違いますので、面倒くさがらずにたっぷりと水を持っていくようにしましょう。

2度洗いやシャンプーが出来るほどのタンクを持っていないという方は、とりあえず海水だけ洗い流して、リンスをするという方法もおすすめです。この場合、洗い流す必要のないリンスというものが色々と販売されていますので、ぜひそちらも利用してみてください。

なお、髪の毛を洗う際には頭皮のケアも大切。海水には雑菌やプランクトンなどがたくさんいますので、それが頭皮にダメージを与える原因にもなります。そのため、髪の毛だけでなく頭皮もしっかりと洗い流すように意識してみてください。

また、普段からのケアとしては、髪の毛を構成するケラチンに必要なアミノ酸「メチオニン」を意識的に摂取することも重要なポイントです。こちらはサプリメントでも摂れますので、自宅などに購入しておいてもいいかもしれません。

それでは実際にどういったヘアケア用品(シャンプーやリンス、オイルなど)がおすすめとして利用されているのかを、次にいろいろとご紹介していきたいと思います。

関連記事はこちら

サーフィン女子におすすめのシャンプー&トリートメント

【サーファーズダイアン シャンプー&コンディショナー】

こちらはサーフィン女子にとってはマストブランドの「サーファーズダイアン」のシャンプー&コンディショナーセットです。泡立ちが良く、しっかりと地肌までコンディショニングしてくれるので頭皮ケアにもぴったりのアイテムとなっています。自宅用に購入して、サーフィンをした日のナイトケア用に持っているのもおすすめです。

【サーファーズダイアン プロテクトヘアミスト】

これはサーフィンをする前にも使えるサンプロテクトトリートメントです。海水から髪の毛を守ってくれますので、海に入る前に適量スプレーしておくとキューティクルを保護する役割を発揮してくれます。

【資生堂 アデノバイタルスカルプエッセンスV】

こちらは薄毛予防や発毛促進などの効果が期待されるヘアケア用品で、ほかにもシャンプーやトリートメントなどがセットで販売されています。しっかりとしたシャワー設備などがあるポイントであれば、こうした本格的なシャンプー&トリートメントを使ってヘアケアをおこなうようにしましょう。

【アーティスト シャンプー&トリートメント】

湘南の美容師たちが開発したというのが、こちらの「ARTIST(アーティスト)」というケアケアブランドです。安心のジャパンクオリティーで、最高品質のヘアプロテクトを実現しています。配合成分としてシアバターとホホバオイルの2つが使われていますが、これは植物由来の成分としては高いバリア効果が期待できるもので、まさにサーファーのために作られたアイテムと言えます。

アーティストからはほかにも、普段使いが可能なヘアワックスなども販売されていますので、ぜひサーファー女子の方は一度チェックしてみてください。

【ローランドオーガニックウェイ サンプロテクティブエリクサー】

洗い流さずに使えるヘアートリートメントとして、こちらのアイテムもおすすめのひとつに挙げられます。しっとりとした髪の毛を保つためには、こうしたケア用品を持っておくのもサーファー女子の嗜みと言えるでしょう。

サーフィン前と後の髪ケアは大事!

サーフィンをする上でヘアケアはスキンケアと同じくらい大切なことです。最初にも書きましたが、まだまだ若いと思って対策を怠っていると後で大変なことになってしまいますので、ぜひご紹介したケア用品やシャンプーなどを使って日頃から髪の毛を大切にしましょう。

とにかくサーフィンをした後には海水をよく洗い流すというのがポイントですので、なるべくシャワーのあるポイントでサーフィンを楽しむというのもひとつの方法です。これらを参考にしてもらいながら、髪の毛にも優しいサーフィンを楽しんでもらえればと思います。

こちらの記事もおすすめ!

関連キーワード
ライフスタイルの関連記事
  • ハワイアン
    ハワイアンジュエリー人気ブランド5選!芸能人御用達も!
  • サーファー
    アンディデイビスのおすすめ作品5選!サーフアートの魅力に迫る!
  • サーフィン
    サーフィンのために移住するならどこ?国内おすすめ3選!メリット・デメリットも!
  • ナザレ
    ナザレってどんなサーフポイント?場所・特徴・サーフィンギネス記録!
  • ハワイ
    ハワイのサーフアーティスト✴︎ヘザーブラウンとは?おすすめアート5選!
  • ハワイ・パイプライン
    ハワイ・パイプラインってどんなサーフポイント?大会やこれまでの事故についても!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事