サーフィンのリーシュコードの選び方!こだわりを持っている人は意外と少ない?

リーシュコード

 

サーフィンのリーシュコードの選び方について、サーフボードの長さによってリーシュコードの長さを変えるのは基本だが、長さ以外の【太さ】【付け心地】などにこだわりを持って選ぶ人は意外に少ないのでは?と感じることがある。

例えば海で、それなりに上手なサーファーが波が小さいのに大きい波用の太いリーシュコードをつけているのを見かける。波が小さいときは、太いリーシュコードより細いリーシュコードのほうが抵抗が少なく明らかに引きずる感覚がないので細いリーシュを選ぶべきだ。

 

サーフィンのリーシュコードの選び方

リーシュコード選び方の基本は3つ。【長さ】【太さ】【付け心地】。

【長さ】
基本はボードと同じくらいの長さを選ぶ。ボードより短くするとワイプアウトしたときにボードが近すぎで怪我をする恐れがある。

【太さ】
各メーカーによって表現は異なるが同じ長さでも太さが違うものがある。大きい波用は太め、小波用は細め。2本揃えて波によって使い分けるのがベスト。

【付け心地】
各メーカーによって付け心地は異なる。締め付け感がある、フィット感があるなど様々で、できれば色々なメーカーを試して、自分に合うメーカーのリーシュを探すのがいい。

最後に

サーファーにとって命綱といえるリーシュコードは消耗品だ。悩ましいことにどれほど消耗しているのかわかりづらい。だからといって海の中で切れる事は絶対に避けなければならない。寿命がきて切れてからでは遅い。

そのためリーシュコード早めに買い換えよう。頻度やダメージにもよるが筆者は毎年台風シーズンが始まるときには新しいリーシュコードに買い換えている。

About 波乗り和尚S 27 Articles
寝ても覚めても海が好き。頭の中はサーフィンのことでいっぱい。サーフィン歴は15年で特技は脳内サーフィン、悟りを開くために日々瞑想。