サーファーの約6割?サーファーズイヤーの症状・原因・予防法を解説!

サーファー

Tskz Fujitaさん(@tskz8810)がシェアした投稿

「外耳道外骨腫」通称サーファーズイヤーは鼓膜の周りに腫瘍ができる病気でダイバーや水泳選手など水中スポーツ愛好者もそうですが特にサーファーがなりやすいことからその名前が付けられています。

痛みや難聴を引き起こすため重篤化すると手術が必要になりサーファーにとっては切っても切れ離せない病気です。今回は「サーファーズイヤー」の症状・原因・予防法を解説します。

 

日本人サーファーの約6割はサーファーズイヤー?

熱心なサーファーを対象とし た筆者らの調査では,日本人のサーファーの59.8%(プ ロサーファーの81%,アマチュアサーファーの54%)に 外骨腫形成を認めた.

引用:サーファーズイヤーの取り扱い

 

やや古いデータではありますが日本人サーファーの約6割はサーファーズイヤーという事実があります。最新データは定かではありませんが決してかけ離れた数字にはならないでしょう。

 

サーファーズイヤーの症状

鼓膜周りの骨が出っ張り外耳道が狭くなるサーファーズイヤーは初期で軽いときは自覚症状が出ない場合が多いのですが、骨腫が大きくなりると耳の不快感や痛み、水が抜けづらいなどの症状が出て突然「伝音難聴」を引きを越すこともあります。そのため症状が出ている場合は手術等の処置をおこないます。

 

サーファーズイヤーの原因

そもそもサーファーズイヤーの原因とは何なのか、それは「冷水による刺激」といわれています。慢性的な冷水の刺激によって骨増殖性隆起が生じるからです。サーフィンを本格的にやるサーファーは夏だけはなく気温も水温も低い冬も海に入るため冷水による刺激を受けやすいのです。また気温や水温が高い地域より低い地域のほうがサーファーズイヤーになりやすいともいいます。

 

サーファーズイヤーの予防法

何よりの予防は寒い時期に海へ入らないことです。しかしサーファーにとってそれほどの苦痛はないでしょう。現実的な予防法は冷水が耳に入るのを防ぐために耳栓を使用することです。

 

耳栓は100円ショップなどの安価なものからサーフィン向けの高性能なものまであります。ただサーフィン中に耳栓をすると周りの音を遮断してしまい仲間との会話だけではなく、危険を察知する音も聞こえなくなってしまいます。

そんな悩みを解決する「音が聞こえて水の侵入を防ぐ」最新の耳栓があります。

SURF EARS 2.0(サーフイヤーズ2.0)

 

サーファーズイヤー予防のために作られたアイテムで従来の耳栓の「音を遮断してしまう」という一番のネックを克服しています。

 

SURF EARS 2.0(サーフイヤーズ2.0)の紹介動画がこちら

まとめ

「サーファーズイヤー」の症状・原因・予防法を解説しました。サーファーにとって切っても切り離せない病気ですので予防など含めて今一度考えてみてはいかがでしょうか。

 

その他おすすめ記事

 

About 波乗りハック編集部 53 Articles
「サーフィンがもっと楽しくなる!」をコンセプトにした情報メディアです!初心者から熟練者までが役立つ情報を発信しています!